Romeolight SoftwareRomeolight JPEGmicro

JPEGファイルを最適化し、ユーザにより快適なWEB体験を

WEBサイトにおける顧客体験向上は、あなたの思いをより効果的に伝える手段となります。
顧客体験を向上させるために、1バイトでもトラフィック量を削減するソフトウェアを開発しました。
JPEGmicroはJPEGファイルを最適化し、ファイルサイズを削減するアプリケーションです。

誰もが直感的に使えることの重要さ

「ユーザフレンドリーであること」、「ユーザ体験を最大化すること」を中心に置いて開発しました。

画像の最適化とユーザ体験の向上

ネットワーク環境の目覚ましい発展と共に、WEBコンテンツはよりリッチになりました。 JPEGファイルはその圧縮率の高さやブラウザ互換性の高さから、最も普及している画像フォーマットです。
JPEGmicroはJPEGファイルのサイズを自由にコントロールすることが出来ます。JPEGファイルを最適化しファイルサイズが小さくなると、トラフィック量が削減され、 画像のダウンロードに掛かる時間が短くなります。これはユーザ体験向上に貢献出来ます。

2つの最適化モード

JPEGmicroには2つの最適化モードが実装されています。
品質を劣化させない「可逆圧縮」モード
可逆圧縮モードは、画像ファイルの品質を劣化させることなく、ファイルサイズを削減するモードです。印刷用途など品質維持を優先させたい場合にご利用下さい。

品質を再調整する「非可逆圧縮」モード
非可逆圧縮モードでは意図的に画質を劣化させることで、より大きなファイルサイズの削減を狙います。どの程度劣化させるかは、オプションメニューの品質機能で調整することが出来ます。

プレビューモード

ファイルリストをダブルクリックすることで、プレビューモードに移ります。プレビューモードではリスト登録した画像の詳細を確認することが出来ます。

オプションメニュー

オプションメニューには、圧縮モードを変更するチェックフラッグや、非可逆圧縮モード時の減色率を調整するためのスライダーがあります。同じウィンドウ内でオプションメニューが展開されるため、必要な時すぐに呼び出すことが出来ます。

リリースノート

2015-04-04: Version 2.4 (最新版)
- ファイル保存方式を追加
- 接頭辞、接尾辞設定を追加
-フランス語をサポート
2015-03-18: Version 2.3
- マイナーバグフィックス
2015-03-07: Version 2.2
- 高性能コンピュータでのパフォーマンスを向上
- ファイルオープンボタンを追加
- Windowsタスクバーに処理状況を表示
2015-02-13: Version 2.1
- 最適化時のCPU負荷を軽減。
2015-01-17: Version 2.0
- プログレッシブモードへの変換機能を追加しました。
- MozJPEG 3.0に対応しました。
2014-11-22: Version 1.0
- バージョン 1.0 をリリースしました。