Romeolight SoftwareRomeolight CP1

必要な色を採る。ただそれだけ。

「カラーピッカー」と呼ばれる 画面の色を抽出するツールがあります。
何故、それらツールのUIデザインは美しくないのでしょうか?

あらゆるデザインツールはクリエイティブ性を刺激する必要があります。
CP1 (シー・ピー・ワン)は世界で最も美しいカラーピッカーを目指しました。

色の世界地図

世界の人々はどのような色を抽出しているのでしょうか? CP1にて抽出された色データを世界地図にマッピングしてみました。

機能の純粋性を捉えた設計

CP1には、広大なカラーパレットや、明度・色彩・彩度を調整する機能を実装していません。 画面の色を抽出すること。そしてデザインツールとしてクリエイティビティを刺激すること。 ユーザを中心にツールの在るべき価値を追求した結果、とてもシンプルになりました。

機能的で美しいUI

CP1はWEBデザインにおける利用シーンに特化させています。 色情報は各色8ビット10進数のRGB形式と各8ビット16進数カラー形式で取得することが出来ます。 マウス操作で抽出することが難しい場合は、十字カーソルとリターンキーを利用して必要な色を確実に抽出することが出来ます。 尚、ESCキーで抽出処理をキャンセルすることが出来ます。

オプションメニュー

オプションメニューには、16進数カラー情報のプレフィックスに#をつけるかどうかの設定や、カラーパレット情報をJSON形式で出力出来る機能があります。

リリースノート

2014-11-13: Version 3.0 (最新版)
- Romeolightバージョンをリリースしました。